ABOUT US

/ 楽団紹介

常任指揮者

Yujiro Tsuda

1980年、東京藝術大学卒業。米国カーチス音楽院に聴講生として学ぶ。指揮をH・リリンク、湯浅勇二、シューマッヒャー、K・レーデル、佐藤功太郎、大友直人、外山雄三各氏に師事。
J.S.バッハ「ヨハネ受難曲」「マタイ受難曲」「ロ短調ミサ曲」「クリスマスオラトリオ」他多くのカンタータ、ヘンデル「メサイア」、モーツァルト「レクイエム」「ハ短調ミサ」他多くのミサ曲、ベートーヴェン交響曲第九「歓喜の歌」を演奏した。

現在、当楽団の他、同OB.バンド、The Signs of Bach、バッハアンサンブル富山、モーツァルト記念合唱団、葛飾吹奏楽団、アウローラ・ウインドオーケストラ、国分高校吹奏楽部の指揮者を務める。
また、天理第九管弦楽団、ニューフィルハーモニー・オーケストラ千葉、古楽オケのムジカ・レセルヴァータ、富山室内合奏団、東京ハルモニア室内合奏団、アレッシセミナー、船橋市千人の音楽祭、アンサンブルリベルテの指揮者を務めた。
1986年より市川交響吹奏楽団を全日本吹奏楽コンクールにて5年連続の金賞に導いた。

Tb:ジョセフ・アレッシ Tp:クリストファー・マーティン、エリック宮城 Hr:アダム・アンスワーズ Pf:館野泉 Euph:外囿祥一郎、Sax:須川展也各氏らと共演した。他、音楽講演を行っている。

副指揮者

Hisashi Ohnuki

東京都出身。 13才よりサクソフォーンを始め、平成2年東京芸術大学音楽学部器楽科入学。平成6年同大学卒業。 東京芸術大学同声会主催平成6年度卒業生演奏会出演。平成6年東京芸術大学大学院音楽研究科入学。平成8年同大学院修了。 東京芸術大学同期生で結成された、アルディサクソフォーンクヮルテットのアルトサクソフォーン奏者として、 平成6年第6回宝塚ベガ音楽コンクール室内楽部門第3位受賞(1位なし)。 同コンクール入賞者特別演奏会に出演。 平成12年カナダのモントリオールで行われた、第12回ワールドサクソフォーンコングレス出演。これまでにCDを4枚リリース。

2005年結成15周年を記念して、札幌、四国、横浜みなとみらいホールにてリサイタルを開催し、いずれも好評を博す。 2008年東京のすみだトリフォニーホール、栃木県総合文化センターにてソロリサイタルを開催。 現在、演奏活動とともに、吹奏楽の指導にも力を入れており、数多くの学校、団体を全日本吹奏楽コンクールに導いている。

これまでに、サクソフォーンを宗貞啓二、須川展也、冨岡和男の各氏に師事。室内楽を冨岡和男氏に師事。洗足学園音楽大学講師。 玉川学園中学部非常勤講師、吹奏楽部指導顧問。ドルチェ楽器管楽器アヴェニュー東京講師。葛飾吹奏楽団副指揮者。日本サクソフォーン協会運営委員。